育心メール通信10/26 <1109>

画像



○○○○様、お元気ですか!
育心の大谷です。
私のお話が○○○○様のお役にたてれば幸いです。

-------------------
1.私のお話
2.免疫力
3.返信に感謝
4.インフルエンザでお休みの方へ
5.11月分受講料

-------------------
私のお話
-------------------

お子さんは寝覚めのいい方ですか、それとも・・・?

お母さんにとって、寝覚めの悪い子を起こすのも、骨の折れる仕事です。

しかも朝食の支度、お弁当の用意、朝の一時はお母さんは戦場のような忙しさです。

時々、お母さんも堪忍袋の緒が切れますよね。


「こら~いつまで寝てんの! あんたは、本当にルーズな子ね! そのダラダラ性格、何とかならないの!!」

こんな叱り方していませんか?

人間は人格を否定されるのを嫌がります。子どもも同じ。だから反発します。

叱るときは、行いを叱る方がいいのです。


「こら~いつまで寝てんの! 7時に起こしてと言ったのは、あんたでしょう! もう起こさないからね!!」


いろいろな行いの結果として人格が生まれてきますし、人格は行いに現れます。

でも、同じではないのです。

行いを変えることから、いい人格が生まれてきます。

ぜひ、行いを叱ってやってください。


-------------------
免疫力
-------------------

インフルエンザの感染が拡大しています。すでに、菌はあちらこちらにいると思った方がいいでしょう。しっかり予防しましょうね。

予防には、家に帰ったときにの手洗いやうがいがとても大切です。


ですが、それ以上に、免疫力をつけることが大切です。

免疫力をつけるためには、

規則正しい生活
バランスのとれた食事
適度な運動

が必要です。皆さんも心がけてくださいね。




-------------------
返信に感謝
-------------------

お母さん方の、ありがたい返信です。



私も同感です。

とかく他人と比べたがるもので、ついつい目に見える現象だけを比較したりしてしまいます。

子供もそうですが…
親の私達も他人と比べたり、兄弟で比較したりしてしまいがち。

一人一人のいいところを見るようにし、それを言葉にするのはとっても難しいですね



先生のメールにて、私は活力を頂いてます。

お祝いしたメールは、ひーばあちゃんの100歳のお祝いをした事を思いました。

あれから、下を向いてはぁ~と言っていましたが、空を見て、深呼吸をする事になりました。

そして、新しい靴、爪を切るのは、私の家では、朝のうちしかしたら、駄目と子供に言ってきた事など・・・

今日は、仕事の面接を受けて来て、色々悩んでる時に、なぜか先生のメールが届き、偶然ではないような気持ちです。

人は人、自分は自分、忘れていた事を思いました。ありがとうございますm(__)m

子供は、私の宝物ですから。

今日のメールにて、また一つ勉強になりました。

いつもありがとうございますm(__)m



月曜日って、何だか気持ちを入れ替えしたい気分なんですよね~。

そんな午後一番に届く育心メール。
最近は、心待ちにしています。

昔は、他人と比較して、落ち込む事が多かったのですが、色んな事を頑張っていく中で、いつしか、自分で自分を受け入れられるようになり、そうすると嫌いだった自分の事が好きに変わってきました。

でも、我が子に対しては、心のどこかで、他の子供さんや姉妹と比較してしまう自分がいるように思います。

信頼している親に自分を受け入れられて貰えないような気持ちになりますよね。

我が子の可能性を信じて、いつまでも見守っていけるそんな親になりたいと思いました。



-------------------
インフルエンザでお休みの方へ
-------------------

インフルエンザを発症された方は、医師から一定期間学校を休むように言われているはずです。

その期間は塾もお休みいただくのですが、本人が元気になりましたら、塾での学習範囲と宿題をメールでご連絡しますので、ご一報ください。


-------------------
11/2授業料の自動振込
-------------------

今月は10月末日(31日)が金融機関の休業日に当たりますので、
11月分受講料は11月2日(月)に自動振込で頂戴します。
残高の確認をお願いします。

11月分受講料
小3・小4 7000円
小5・小6 11000円
中1 15000円
中2 21000円
中3 26000円+五ツ木4000円の計30000円
弟妹の方は半額です。

英検トレーニング受講者は、5000円を加算してください。


-------------------

このメールのご感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。


画像



学びの広場 育心
代表 大谷岳嗣
 
〒573-1195
枚方市中宮東之町11-6 福田ビル2F3F
072-898-8174

育心読書会 第5回 <1108>

育心読書会も、もう5回目だ。

引き続き、致知出版社の「小さな人生論③」(藤尾秀昭著)の前半を読んだ。

今日一番心に響いたのは、「開物成務」という項の詩だ。
作者不詳とある。

------------------------

「生涯の旅路」


私は私の一生の旅路において

今日というこの道を再び通ることはない

二度と通ることはない

二度と通らぬ今日というこの道

どうしてうかうか通ってなろう

笑って通ろう歌って過ごそう

二度と通らぬ今日というこの道

嘲笑されてそこで反省するのだよ

叱られてそこで賢くなるのだよ

叩かれてそこで強くなるのだよ

一輪の花でさえ風雨をしのいでこそ

美しく咲いて薫るのだ

侮辱されても笑ってうけ流せ

蹴倒されても歯をくいしばって忍べ

苦しいだろうくやしいだろう

しかし君、この道は尊いといわれた人たちが

必ず一度は通った道なんだ

-----------------------


今を懸命に生きるオーちゃんに、まさにぴったりだ。

学級閉鎖 <1107>

インフルエンザの感染が拡大傾向です。

先週は、小4・小5・小6のクラスで学級閉鎖がありました。

今週は、中学校に飛び火。
中1と中2のクラスで学級閉鎖です。

今日の中2のクラスは、9名欠席
明日の中1のクラスは、7名欠席予定

今のところ、中3生は元気なようですが、
風邪を引いて休んでいる子もおり、心配です。

とりあえず、中1・中2は土曜日にフォローの時間をとるように、検討していきます。

今週は、まだまだいろいろあるかもしれません。
臨機応変に対応していきます。

自分の気持ちに余裕を持って、何事にも対処できる心構えでいこうと思います。


沈まぬ太陽 <1106>

映画「沈まぬ太陽」を見てきた。

3時間30分の大作、途中休憩がある
渡辺謙主演

そんなことは、知っていたが、
どういう内容の映画か、全く知らなかった。

でも、今日は少し時間があるなあって思ったとき、
なぜか、この映画が見たくなり、すぐ予約して、シネプレックスへ

御巣鷹山での日航機事故の衝撃的な映像から始まる。
だが、それはモチーフ

政治や企業内のどろどろの世界を描きながら、

その中で、渡辺謙と三浦友和の演じる二人の男性の生き様を描く。

どんな境遇にあっても、自分の信念を貫く生き方。
それは、神々しくもある。

ただ、その中で、自分自身だけでなく家族も苦しんでいく。

いろいろ考えさせられた。
今の自分の生き方。

信念を貫くとは、大変なことなんだ。

むすびびと <1105>

画像


新聞広告に載っていた本だが、何となく引きつけられて、読んでみた。

むすびびと とは、ウエディングプランナー のこと。
結婚式をコーディネートする仕事だ。

その方たちが担当した、自分の思い出に残る結婚式のエピソード。
それをまとめたのが むすびびと という本です。

いい本です。

篤司とみの里さんの結婚式のことを
たくさんたくさん思い出しました。

そして、家族のありがたさを、改めて感じさせてもらいました。
家族って大切ですね!

早速、みの里さんにプレゼントしました。

森林浴 <1104>

今週は、インフルエンザの対応や、そのほかにもいろいろあって、
結構疲れていた。

そこで、思い切って今日の午前中に気分転換をしてきた。

交野にある、市立大学の付属植物園

植物園といっても、建物の中ではなく、自然そのものの公園だ。

天気がよくて、抜けるような青空。
その青空と緑がよくマッチしていた。

画像



まず、森の散策コースを歩いてみた。

森に入っていくと、
空気がひんやりして、澄みきっているのをまず感じる。
木漏れ日を浴びながら、歩いて行く。

画像



大きな木から受ける気

画像



青空から受ける気

画像



大地から受ける気
それらが、相まって、私の身体を癒してくれた。

透き通ったものに包まれたいるような、そんな感覚。
何とも気持ちのいいものだった。

画像


森の散策を終えたあと、あちこちを散歩。
いろいろな植物が見られる。

自然のままなので、決して見栄えがよいわけではないが、
自然なだけに、勢いを感じる。

画像



綿が綿花をつけていた。
本当に綿がくっついているのだ。
これをそのまま集めて、布に入れると、お布団になるんだって思った。

画像




彫刻刀で手を切った <1103>

中3生の女子が大きな包帯をして教室に入ってきた。

彫刻刀で切ったという。
スパッと切れて、4針縫ったそうだ。

左手の人差し指。

右手だったら、大変だった。


授業の最初、生徒たちに言った言葉。

「これからは、怪我が一番怖い」


毎年、中3生には言う言葉だが、

右手(利き腕)が骨折でもしたら、どうする。
勉強どころではない。

今は、まだいいかもしれないが、入試の1週間前に骨折でもなったら、それこそ水の泡。

注意するように。

そして、怪我は自分の気持ちの中に油断があるときに起こる。

ということも、話した。

彼女も、気持ちのゆるみがあったはずだ。
それをよーく考えてほしい。

ただ、彼女の場合は、左手。
そんなに大きな、気持ちのゆるみではない。

もし、ダレきっていたのなら、右手を怪我したはず。
神様が、気持ちを入れ替えなさい。
とそっと注意してくれたようなもの。

中3生はこれから、どんどんストレスがたまる。
仕方のないことだ。

それをどこかで発散させる。
友達とじゃれあったりするときに、つい行きすぎが起こる。
そんなときが、一番危ない。


大怪我は、気持ちの油断が引き起こす。
馬鹿遊びも、程々にすることだ。

しっかり覚えておいてほしい。

インフルエンザ対策 <1102>


今日、保護者に送ったメールです。
そのまま転載します。

---------------------

皆さん、おはようございます。育心の大谷です。
今日は重要なお知らせが、2点あります。

メールが長すぎて、読めなかった方は、その旨ご連絡ください。
短く切ってお送りします。


1.インフルエンザに対する育心としての対応

インフルエンザ感染が拡大し、身近な問題になってきました。
この月曜日から、育心の生徒が、学級閉鎖になる事態になりました。

正直、判断に悩みました。

学校で学級閉鎖になっても、ぴんぴん元気な子にとっては、家に閉じ込められる
のはしんどいことですし、授業を受けられないのも、どうかと考え、

ご家庭の判断で、健康状態の子は、育心に来ていいですよ

という指示を、一端出しました。


しかし、感染者の拡大を避けるという観点からは、やはり問題がありそうです。
まして、受験期に入ったときに、ここから感染が広がったということになっては
申し訳ありません。

そこで、10月21日以降、育心としてインフルエンザ対策を次のように、再決定し
ました。

----

小学校・中学校で学級閉鎖になった学級に所属する生徒に関しては、

風邪の症状が有る無しにかかわらず、
育心への通塾はご遠慮いただきますようお願いいたします。

(その旨のご連絡も必ずお願いします)


育心での学習範囲と宿題については、メール等でご連絡しますので、
元気な人はそれを自分でやってみてください。

その上で、学級閉鎖の該当期間があけた次の土曜の3時~6時までの自習室の時間
に、質問を受付し、分からないところを解決していくようにします。

その時点で必要なフォローはさせていただきます。

----


北海道などでは、学級閉鎖・学年閉鎖が頻繁に起こり、授業の進捗がままならな
い状況が起こっていると聞きます。そのような事態になったときは、また別の方
策を考えないといけないと思いますが、現状では、このようにさせていただくの
が最善の策と考えました。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、育心へ来たときは、アルコール消毒液がおいてありますので、必ず、手指
の消毒をするように心がけてください。


2.メールが届いていないご家庭があります。

実は、一部の携帯では、コンピュータからのメールが届いていない場合でも、私
の方に「届いていません」という返信が来ないようになっている機種があること
を最近知りました。

従って、私の意に反して、メールをお届けできていない、ご家庭があることが分
かりました。

今後、このような重要なお知らせも、メールで送信することが多くなります。
それで、一度着信の確認をさせてください。

このメールが届いているすべての方に、このメールに返信をお願いしたいのです。

件名は「Re重要なご連絡」のままで、本文は何も書かなくて結構です。

返信のなかった方は、届いていない可能性がありますので、こちらから電話でご
確認をさせていただきます。

ご面倒をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。


以上です。

----------------------------

育心メール通信10/19 <1101>

画像



○○○○様、お元気ですか!
育心の大谷です。
私のお話が○○○○様のお役にたてれば幸いです。


--------------
1.私のお話
2.日常の幸せ
3.定期テストの結果
4.SGS講座(中2)


--------------
私のお話
--------------

育心のロビーや教室には、私の好きな言葉が張ってあります。

ときどき、
「先生、ええこと書いてあるなあ~」

って子どもが言ってくることがあります。

その子の心情にぴったり当てはまる言葉があったのでしょう。

私は、この子にも分かるようになったんだ、とうれしく思います。


今日は、そんな掲示物から一つご紹介します。



画像





「挑戦」


人に負けてもいい

しかし

やるべきことをやらない

自分の心の弱さには

絶対

負けたくない


(須永博士)




人生は
他人との比較で生きるのではないと思います。

比較すべきは、自分の姿でしょう。

皆さんは、どう思われましたか?


--------------
日常の幸せ
--------------

毎回、お母さん方からの返信メールが、とっても素敵です。

私だけが読むのはもったいない。

なにげない文章の中に、お母さんの思いがこもっていて、読んでいて温かくなります。

日常の幸せを書いていただいたメールを、皆さんで共有させてください。




普通の毎日がおくれる事に感謝です。

特別な事がなくても家族みんなが元気でいてくれる事に感謝しています。

これこそ奇跡だと思います。



日頃、家族皆が健康で平穏無事に一日一日が過ごせれば、
それだけで幸せと思って過ごしています。

主人は仕事に行き、
子供達は元気に学校に通い、
私は家事をし、

平凡だけれど何気ない日常が送れる事に日々感謝です。


最近、子供達のちょっとした言動に成長を感じる事が多いので、

その時ばかりは胸にキュ~っと嬉しさが広がります。




--------------
定期テストの結果
--------------

定期テストの結果は、必ず報告ください。

返してもらった科目から、ファイルに入れて、授業時にはいつも持ってくるようにしてください。

なかなか持ってこなくて、いつも怒られる子がいます。

お子さんは大丈夫でしょうか?



--------------
SGS講座(中2)
--------------

中2生には、SGS講座の案内書をお渡ししています。

読んでいただけましたか?

意志確認書の締め切りが今日です。まだ持ってきていない人は、必ずご提出ください。




--------------
このメールのご感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。

画像



学びの広場 育心
代表 大谷岳嗣
 
〒573-1195
枚方市中宮東之町11-6福田ビル2F3F
072-898-8174

比田井通信編 <1100>

長野県上田市に、上田情報ビジネス専門学校(通称ウエジョビ)という学校がある。

そこに比田井和孝さんという先生がいるのですが、この方のブログを最近知りました。
「ココロの授業」比田井通信編というのですが、

今日の比田井通信編がまたいいことが書いてあるのです。

皆さん是非お読みください。

実は、ブログアップは奥様の比田井美恵さんが担当されているのですが、
美恵さんとは、メル友です。
(私だけがそう思っているのかも!ごめん!美恵さん!)

その美恵さんが書かれるメルマガ、私が一番受けたい【ココロの授業】

も、とっても素敵なメルマガです。

こちらもおすすめですよ!

大橋房太郎 <1099>

画像



昨日の淀川掃除は、新淀川誕生100年祭の一環として行われたもの。

それで、お掃除のあと、講談があった。

十三のあたりの淀川は、昔は新淀川と言われ、
明治時代に河川の付け替え工事が行われていたのだ。

新淀川誕生に、生涯をかけた人物

大橋房太郎

の一生を、講談師 旭堂南陵さんの語りで聞いたのだ。


昔は淀川は、十三の少し川上で、大川となり、大阪のど真ん中を流れていたようだ。
そして、洪水をよく引き起こす川だった。

明治18年、その淀川が大洪水を起こした。

枚方の天の川の決壊から始まったというからびっくり。

大変な大洪水で、
大阪駅のあたりでは、水深1.4メートル

大阪平野を埋め尽くした水は、大和川に流れ落ちた というから、規模が想像できる。


そのときから、大橋房太郎は淀川を治めるために自分の人生をかけるのだ。

何気なく、淀川の流れを見ているが、
先人の大きな苦労のあったことを、初めて知った。

いい講談を聞いて帰った。
勉強になりました。

画像



淀川でゴミ拾い <1098>

今日は朝から、淀川のゴミ拾いに参加してきた。
淀川と言っても、阪急十三駅のすぐそばだ。

画像


一緒に参加した、
(前列右から) 大阪掃除に学ぶ会の 平井さん・墨さん・岡田さん
(後列右から) 京都掃除に学ぶ会の やっさん・石田さん・石田一君


梅田のビル群をバックに、お掃除開始!

画像
 


葦原に一歩踏み込むと、ゴミがいっぱいです。

画像



葦の茂みに分け入って、ゴミをとっていきます。

画像



発泡スチロール、ビニール袋、そしてペットボトル。
これがめちゃめちゃ多い。

ゴミの上にゴミが積み重なっているように、出てくる。
あっという間に、袋がいっぱいに。

画像


もちろん産業廃棄物も出てきます。

電子レンジやエヤコンの室外機も出てきました。

画像



日立さんのものです。

画像


産業廃棄物も、大変なゴミですが、
鉄そのものは、ぼろぼろになって、土に帰っていく感覚がありました。

そのまま残っている発泡スチロール・ビニール袋・ペットボトルより、マシなような気もしました。


きれいになった葦原です。

画像



参加されていた、皆さんと記念撮影です。

画像


ゴミと一緒に、カニさんもいっぱいいたのです。
大きなカニと一緒に私が写っている写真を、やっさんのブログで紹介してくれていました。
こちらもご覧くださいね。

→こちらからどうぞ



授業復活 <1097>

テストが終わって、今日から平常授業復活。

目一杯授業した。
試験対策中は、演習授業が多いが、

私は、一から物事を教えていく導入授業が好きだ。
私流のやり方で、
生徒をうまく誘導していく。

生徒が わかった! という顔をしたときの
あの感触がいいのだ。

今日は、そんな授業が多く、楽しかった。

ただ、中1生の欠席が多かった。
熱が出たという、保護者からの連絡だ。

インフルエンザが気になるところだ。
・・・・・

自習室 <1096>

昨日今日は、中学生は自習室。
定期テスト前日は、いつも自分の勉強だ。

育心メール通信で、保護者へのお知らせも徹底しているせいか、
生徒がいっぱい来ている。

中1も中2も中3生も、
みんなが混じり合って、黙々と勉強している。

こういう姿を見ると、

ああ~、いいなあ~

って感じる。

勉強しようという空気が、教室に満ちあふれているからだ。
この雰囲気が私は好きなのだろう。

とってもいい気分になる。

あとは、成果につながってくれることを祈るばかりだ。

伝伝虫通信25号 <1095>

画像



池間哲郎さんから、伝伝虫通信が届いた。
アジアの子ども達の現状をレポートしてくれる。

ネパールの「一日中働く少女」という記事が心を揺さぶった。
引用します。

----------------------

首都のカトマンズから西へ車で3時問ほどの地域がパンチカーラバレー、バタレイケット村。アジアチャイルドサポートのネパール支援重点地域です。山々の頂上まで段々畑の景色は美しくのどか。改修工事を行っている、この村のアマンカール小学校で勉強する少女達に「家では、ちゃんとお母さんのお手伝いをしていますか」と聞くとキョトンとした顔で「何を言っているのか解からない」と答えました。「お手伝い」の意味が解からないそうです。

自分達は朝の4時におきて顔を洗って歯を磨き、それから農作業をやって6時ごろ家に戻ってきて料理をして、ご飯を食べ学校に行く。学校が終わるのが4時ごろ。それからまた農作業、水汲み、洗濯、そして料理。夕飯を済ますのが7時ごろ。それから勉強をして眠るのが川時ごろです。遊ぶ時問は全くありません。一日中、少女達は働いている。

それは親の手伝いではなく「自分たちに与えられた仕事」です。仕事をするのが当たり前。だからお手伝いの意味がわからないのです。


ネパールの田舎に暮らす女の子達が学校に通うことが出来るのは少ない。昔からの考え方で「女は結婚をして子どもを生み家事を行い畑仕事さえしていれば良い。教育は必要ない」と親が娘達を学校に行かせない方が多い。少女達は朝から晩まで働いています。

特に大変なのがマキ拾い。山々で暮らす人々に電気やガスはありません。料理をする時にはマキが燃料です。起伏の激しい山々を毎日、2時問も3時間も歩いてマキを拾う。大きなカゴを背負い細い山道を歩く。雨の降る時期には赤土の道はぬかるむ。時には足を取られ崖から滑り落ちる事改も起きる。女の子達にとって大変な仕事です。

マキ拾いが終ると料理です。狭い小さな台所には窓さえも無い。真っ暗な部屋にこもり、マキに火を付け料理が始まる。しばらくすると台所は煙がモウモウと立ち込め充満する。強烈な煙の刺激で眼は真っ赤になる。ゴホンゴホンと喉がやられ咳き込む。毎日、この様な作業を繰り返す。少女達は肺病で苦しみ眼病で涙を流す。


アマンカール小学校の少女達から質問があった。「日本の子ども達は学校が終わって家に帰ると、どんな仕事をしていますか。畑仕事や料理もやっていますか」と聞かれ、答えることが出来なかった。

-----------------------


お手伝いと仕事、
考えさせられました。

育心メール通信10/12 <1094>

画像



○○○○様、お元気ですか!
育心の大谷です。
私のお話が○○○○様のお役にたてれば幸いです。

-------------
1.私のお話
2.たくさんの返信に感謝
3.本日の授業
4.テスト ガンバレ!

-------------
私のお話
-------------

私は、毎日ブログを書いています。
もう1000号を超えました。

なぜ毎日って思うでしょう?

それは、ある方から

一日生きれば、一つぐらい感動のある人生をいきたい。

と教えられたからです。

それから、一日のうち何度か、今日はどんな感動があった?
って自分を振り返る時間を持っているのです。

すると、結構あるんです。
ちっちゃなことの中に、幸せが見つかることが。

皆さんも、今日の自分を見つめる時間を持ちませんか?

夜寝る前なんか、最高です。

楽しかったこと
ありがたかったこと
うれしかったこと
はずかしかったこと

時には悲しかったこと

ちょっとしたことの中に、幸せがあります。
それを見つめる時間、持ってください。

そうすると、感謝の気持ちが湧いてきますよ。


-------------
たくさんの返信に感謝
-------------

前回の青空体操に、たくさんの返信がありました。
やっぱり、うれしいです。

また少しご紹介します。

怒らないでくださいね~~



私も同じ事を思っている!と思いました。

疲れているときに、洗濯物を干し終わった後に深呼吸して空を見るようにしています。

しばらくすると肩の力がスーッと抜けて気持ちが切り替えれます。



実は私も時々空を見上げます。

朝はどんよりとしていたのに、今は気持ちのいいお天気になりましたね。

職場からは交野の山も見えて、木々の色で季節を感じる事もできます。

今は仕事中なのですが、私のほんの少しの気晴らしです。

(台風一過のお昼過ぎにいただいたメールです)



青空もいいですが 夜空を眺めるのもいいですよ。

私は田舎が○○県の山奥なんですが 本当に星が降ってくるような感覚に なるくらいの 満天の星空なんです。

一度先生も山奥で自然のプラネタリウム 見てはいかがですか?

何億年も昔の光も 素敵ですよ。



休みの日は、天気がいい時 窓から、遠くまで景色見て
ぼーっとしてます。

生駒山が見えていいですよ!

もうすぐ、紅葉の時期ですね!



私のリラックス方法はバスに乗ります。

窓の外を眺めながらぼーとします。

その後、古本屋やスーパーに寄って帰ってきます。

やっていることや好きなことは中学校時代とあまり変わってないですね!


-------------
本日の授業
-------------

今日は体育の日です。


小5の授業はお休みです。

中2・中3は試験対策行います。


-------------
テスト ガンバレ!
-------------

いよいよ中間テストですが、
最後の最後まで、粘って粘って勉強しましょうね!
お母さん、怒らないで、我慢強く支えてあげてくださいね!


自習室
10/12(月)午後3時~6時
10/14(水)午後7時~10時
10/15(木)午後7時~10時

10/16(金)の中2
復習テストは実施しません。
理・数・英・社の授業をします。


10/17(土)の中3
復習テストは実施しません。
英・数・数と五ツ木の過去問演習をします。

中2・中3生には知らせてありますが、テキストの用意忘れないようにしてください。



-------------------

このメールのご感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。

画像



学びの広場 育心
代表 大谷岳嗣
 
〒573-1195
枚方市中宮東之町11-6福田ビル2F3F
072-898-8174

大野勝彦さん <1093>

以前紹介したことがある、大野勝彦さん

ユーチューブの動画を教えてもらったので、ご覧ください。




この大野さんの講演会が11月6日(金)にヒューマンフォーラムの出路雅明さんの主催で開かれることになりました。
京都ですので、お近くの方はぜひ、ご覧ください。

→詳細はこちらからです。

私は、授業があって行けません。
めちゃめちゃ残念です。

みの里さんがモデルに <1092>

画像


篤司のお嫁さん、みの里さんがモデルに? (一番右)

スターバックスの採用情報ページに彼女の写真が3枚載っています。
いい感じです。

でも、もっと彼女の笑顔を使えばいいのに・・・
ってのが本音。

彼女の笑顔は本当にいいんです!
(義父バカ?)


みの里さんへ、

とうとう10月15日からは店長だね。
頑張ってくださいね。

お願いが二つ。


あなたの環境にあったお店を用意してくれた、会社に感謝して
あなたらしい、素敵なお店を作ってください。

温かくて、落ち着けて・・・

いやいや、みの里さんらしいお店です。



今までのお店のすべてに感謝を忘れないこと。
六本木ヒルズという最先端のお店での出来事。
それはあなたをずいぶん大きくしてくれたはずです。
今のお店の店長を始め、スタッフの全員に感謝の気持ちを伝えてください。
そして、その気持ちは決して忘れないこと。

あなたなら、言わなくても分かっていることでしょうが、
義父バカです。

もうすぐですね。
頑張ってください。

あなたらしくやれば、きっとうまくいきます。
あなたらしくです!


フレー フレー みの里!
フレー フレー みの里!!
フレー フレー みの里!!!
フレー フレー みの里!!!!


明光さんと <1091>

今日は、京都掃除に学ぶ会の月例会
宇多野小学校で心磨きをさせていただきました。

目を患っていたので、久々の参加。
朝5時出発。
あたりは真っ暗、すっかり季節が変わっています。

5時59分、日の出とラジオで言っていました。
日の出とともに、現地到着。

そして、そこに現れたのは、明光さん。
今年は、名古屋のご実家に帰られたので、本当に久々の再会です。

彼のブログ「いつも心は燃えていよう!」はいつもチェックしているので、
別に、遠くにいる感じはしないが、
やはり、本人に直接会うのはいいものだ。

名古屋で、どんどん成長していて、
掃除の会でも、自分の仕事でも、活躍の場が広がって、すごいやつだ。

でも、今日感じたのは、

彼の謙虚さ

昔ながら、彼の一番いいところ。
それをそのままに、内部に力をどんどん貯めている。

またまた、彼の成長を感じてしまった。
すばらしい奴になっていきます。

私も、頑張らなくっちゃって思いました。
ありがとうね。
明光さん。

画像


異常なし <1090>

今日は、眼科検診。

網膜の破れたところは異常ありません。

という診断。

これって、もちろんうれしいですが、
何となく、すっきりしません。

直らないのです。

このまま、ずっとお付き合いしていくのです。

だから、今のところ異常なし。

ずっと検診を続けていかないといけないような気もします。

これが「齢」ってことなんでしょうか?

なんか、スッキリしないんですよねえ~~