アクセスカウンタ

今を懸命に生きるオーちゃん

プロフィール

ブログ名
今を懸命に生きるオーちゃん
ブログ紹介
今日を振り返り、明日に繋げる。ただそれだけから始めよう!
help RSS

ブログお引っ越し

2015/06/11 14:58
再開したところですが、ブログをアメブロに引っ越しました。

新しいブログは、→こちらです。

今まで、ありがとうございました。

新しいブログをどうぞよろしくお願いします。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブログを再開 <1148>

2015/06/11 09:41
少し考えるところがあって、ブログを再開しようと思っています。

以前のように、毎日とはいきませんが、書いていきます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蒔いた種は生える <1147>

2010/11/24 22:42
福岡県田川郡にある、学優舎の廣瀬公典先生から、先日いただいた文章を紹介します。

とても考えさせられる、奥深い内容が書かれています。

読まれる方のそれぞれの状況の中で、自分の生き方を見つめることができる文章です。

じっくりお読みください。

廣瀬先生、ありがとうございました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「蒔いた種は生える」


和歌山県の雑賀正晃さんがお書きになった 「光を生きる」というご本のなかのお話を紹介します。

雑賀さんのところへ一人の奥さんが訪ねてみえた。お聞きすると、この奥さんは結婚されて二年目にお爺さんが中風で倒れてしまい、全身不随になってしまわれた。それから二年経たないうちに、今度はお婆ちゃんが中風で倒れて体の自由がきかなくなってしまった。それから、また二年経たないうちに、屋根葺屋(やねふきや)さんであったご主人が、よその家の二階の屋根を葺いているときに、足をすべらせて転落し下半身不随になってしまった。

つまり結婚して五年経たないうちに、全身不随二人、下半身不随一人をかかえて、一人で田畑を耕しながら一所懸命にその三人の世話をなさってこられたのです。村の人が可愛想に思って、

「幸い子どもさんもないことだし、いままで一所懸命に三人の方のお世話をしてきたことを村の者はみな感心しているのです。誰も悪く言う者はありません。里へ帰りなさい。ご主人の姉妹が近くに嫁いでいらっしゃるではありませんか。あなたが一所懸命お世話をしているから知らん顔をしているのです。後はどうにかなるから、お帰んなさい」と、勧めてくださるので、そうしたい気持ちと、この憐れな家族を見捨てることができない気待ちとで、どうしたらよいか分からなくなって、雑賀さんに教えてもらいたいと来られたのです。

雑賀さんは 「よく分かりました。でも、同情だけしてもどうにもなりません。単に同情の中に甘ったれて生きていくのではなくて、はっきりと心を定めて生きたい、と願われるあなたの心はとても素晴らしいことです。

でも、お答えする前に、ひとつだけお尋ねしたいことがあります。それは私の意見を聞きに来られたのか、それとも仏さまの教えを聞きに来られたのか、ということです。私の意見を聞きに来られたのなら、すみませんがお帰りください。私はそれほど偉い人間ではありません。仏きまの教えを聞きに来られたのなら、お伝えすることが私の仕事ですから、喜んでお伝えしましょう。

でも、仏さまの教えには、間違いというものはないのですから、仰せの通り素直に従うことができますか。単に参考にする程度なら、法を聞く態度ではありませんからやめましょう」

「先生、どこまでもお教えのままに従わせていただきます。教えてください」

「よく言ってくださった。それならお答えいたしましょう。『どちらでもなさい』ということです。そう答えたのでは、さぞご不満でしょう。いかにも思いやりのない無責任な返事のように思われるでしょうが、実はどちらの道でも行けるからこそ、そう言ったまでのことです。

でも、たった一つだけ、はっきりしておかなければならないことがあります。それは『蒔いた種は生える』ということです。この世はあくまで因果(いんが)の道理で動いています。いかに仏さまでも、この因果の鉄則だけは曲げることができません。

三人が病まねばならないのは宿業(しゅくごう)であって、その面倒をみなければならないのも、またあなた自身の業なのです。

それでも逃げたければ、逃げることもできます。だから、どちらでもなさいと言うのです。ただし、逃げてもことは済みません。逃げるということは、因果の果(か)を果(は)たさずにいくことですから、種が残っています。種が残っている以上、果の出てくることは当然で、逃げた先で果を摘むだけのことです。

そして逃げたいという因が種となって、先で果を実らせるということになります。今の立場でひとつの果を摘んでいくか、逃げた先で二つの果を果たすか、それだけのことです。どちらの道でもあなたのお好きなように歩んでください」

「お恥ずかしいことを聞きました。受けて、どこまでも背負っていきます」

「よく言ってくださった。仏さまもどんなに喜んでいてくださるでしょう。もう夜も更けたからお帰りなさい。ただ最後にもう一つだけ聞いてください。

誰もいない夜更けの道を、重い重い荷物を背負って泣きながら帰っていくあなた。あなたは一人で泣いているのではありません。あなたのその悲しい業(さが)を、しっかりと握りしめて泣いてくださる方がいらっしゃるはずです。その苦しみを代わってやれるものなら代わってやりたい。

でも業報の世界は一人ひとりの世界なのです。代わってやれないから、泣かずにはおられない。それが仏さまの慈悲なのです。悲しいだろう苦しいだろう。でも、一人で泣いているんじゃなかった、ということが分かる日がくるはずです。がんばろうね」

それから三年ほど経って、その奥さんが訪ねて来られました。

「先生、あれから二年ほど経って主人が亡くなりました。ある日のことでした。その日は、いつになく元気で、『いっぺん抱き起してくれないか』と、言うのです。ちょっと上体を持ち上げて柱を背にしてあげたら、

『お前、ちょっと前へ回ってくれんか』と言うのです。妙なことを言うなと思いながら前へ回りましたら、先生、なんと主人が手を合せて

『俺はなァー、いっぺん座り直してお前を拝んでから死にたかった。よく俺たちの面倒をみてくれたなあー。ありがとう。この恩だけは絶対に忘れんよ』と私を拝んでくれました。先生、あのとき逃げなかったからこそ、この喜びがもらえたのですね。

それからしばらくして主人が亡くなり、その後を追うようにして老人二人もバタバタと逝ってしまいましたが、二人とも私を拝んでくれ、安らかな死でした。逃げなくてよかったと、しみじみ思わせていただきました。

それと、もう一つ、聞いていただきたいことがあります。それは、先生が『泣くのは一人じゃないよ』と仰ったことです。

実は、実家の父が田畑の仕事を手伝いに来てくれるのです。手伝いに来てくれるのはありがたいのですが、

『お前はかわいそうだ』とも『辛いだろう』とも一言も言ってくれないのです。愚かな私はそんな父を見て、母が生きていてくれたら、どんなにか泣いてくれよう。男親というものは実に冷たいものだな……と思っていたのです。

ところがある年の秋でした。すっかり一人で野良仕事を片付けてくれた父が、『家のことも気になるでなあー。ちょっと帰ってくる。また来てやるでな』と、帰って行ったのです。

長い間、手伝ってもらって、実家の兄や兄嫁にもすまんと思い、少しばかりのお土産を父にことづけようと峠まで送って行ったのですが、峠に着くと父は向こうを向いたまま

『もうええ、早く帰ってやれ。三人が待っとるぞ』と言うものですから

『それじゃお父さん、これをお姉さんに渡してください』と言いましたら

『うん』と言って私の方を振り返った父の顔を、夕日の中にはっきりと見たのです。

その父の顔が涙でクシャクシャだったのです。そのとき全身がしびれるような気持ちになりました。電気に打たれるというのは、あんなことだと思います。

ああ、すまないことをした。私の知らないところで、父はこんなにも泣いてくれていたんだ。優しい言葉をかけてくれないのではない。かけてやりたいけれども、涙が先に立って言葉にならん。

『辛かろうの、かわいそうな娘よ』と、父は一人で泣いてくれていたのです。

去っていく父の、めっきり老けこんだ後ろ姿を……じっと拝まずにはいられませんでした。勿体(もったい)ないことでした」


このように幸不幸を超えた、夫と妻、親と娘、父と子の、すばらしい出合い、ふれあいの姿をみるとき、もう一度「人生二度なし!黄金の時を特とう」と叫ばずにはいられないのであります。

−−−−ゴキブリ団子で有名な(株)タニサケの松岡会長が書かれた小冊子「生きるカ」の中に掲載されている、三輪真純先生の「いのちの呼応による喜びの発見」(絶版)をご紹介させていただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


そのこ <1146>

2010/11/19 16:10
谷川俊太郎さんが、世界の児童労働者のことを書いた詩です。

森山良子さんの歌とともに、スライドムービーになっています。

素敵な映像です。

ご覧ください。

きっと心に響きます。



記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


5号室完成 <1145>

2010/06/27 23:43
久々の更新です。
半年以上書きませんでした。

私の一大決心

それは、高校部の開講です。
そして、昨年11月に空いた、このビルの2階の半分を借りることです。

一度にはできませんでした。
4月、とりあえず、1号室を高校部の教室として、スタートしました。

順調です。
みんな、よく勉強してくれいてます。

そして、小中学部も、新しい生徒に恵まれています。

そこで、決断しました。

2階の半分を借りて、5号室としました。

本日の午後10時30分に完成です。

画像



心の勉強会も、1週間後に迫りました。
→こちらからどうぞ

夏期講習も、目の前です。

とっても忙しいです。
ありがたいことですね。
感謝です。


ということで、またしばらく、更新はできません。

でも、私は元気いっぱいです。
ご心配なく!!
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


一大決心 <1144>

2009/12/06 16:04

ブログを当分の間、休もうと思います。

今日で1144号。
目を患って、2,3日休んだ以外は、毎日書き綴ってきたブログです。
この1週間の間でも、書きたい内容、お伝えしたい情報はいっぱいあります。

だから、とっても残念な気持ちがあります。
読んでいただいている方にも、申し訳ない気持ちです。

でも、書く時間がとれないのです。

ブログを書くよりも、優先してやらないといけないことが、
ここのところ目白押しなのです。

それは、

私が、一大決心をしたことによります。

私の人生において、何度目かの節目になるかもしれない、
大仕事をしようと思っています。

それに、全力投球します。

だから、ブログを毎日書くというこだわりを棄てることにしました。
というか、たぶんしばらくは休みます。

また、気が向いたときには書くことにします。


一大決心は、そのうち、こころでも発表します。


いつも、読んでくださって、ありがとうございました。
感謝です。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16


だから優しく、と空が言う <1143>

2009/12/01 22:39
中島未月さんが、新刊を出されました。
空の写真と、未月さんの詩がとってもマッチした、
素敵な本です。

「だから優しく、と空が言う」


私は、この詩が気に入りました。
私の今の心情にぴったりです。

−−−−−−−−−−−−

人生に
試されている
と 思うとき
堂々と
ふるまうだけ


まんなかを
歩いてゆけ
胸のまんなかに
ただしさを
置いて

−−−−−−−−−−−−



発売を記念してBook Movieが公開されています。
これも素敵です。

ご覧になってください。





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


育心メール通信09.11.23 <1142>

2009/11/30 11:32
画像


○○○○様、お元気ですか!
育心の大谷です。
私のお話が○○○○様のお役にたてれば幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.私のお話
2.返信に感謝
3.第6回IPCは12/5(土)
4.12月分受講料
5.懇談の予約

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私のお話
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

子どもにとって、親は

「指導者」でしょうか?
それとも
「共育者」でしょうか?

人生の先輩として、あるべき姿を子どもに見せることは、親としての大切な役割です。

子どもに歯の磨き方やお風呂の入り方を教えるのは、親の役割。

そういう意味では、間違いなく「指導者」です。

ところが、あるべき姿を追いかけるあまり、子どもを自分の作品のように思っている時はありませんか?

思うようにならないもどかしさが、大きくなっている方は、こういう考えに陥っているのです。

子どもは授かり物です。
そして、子どもは自分自身で成長する力を持っています。

親は、その手助けをしているんだと考えることも必要です。


お子さんの年齢が13歳なら、
親の子育て年齢も13歳です。


子育ては、実は子どもから教えてもらっているのです。
だから、共に育つもの。

すなわち「共育者」です。

うまくいかないときは、そういう経験をさせていただいていると思って、次に生かすようにしていけばいいのです。

ここだけは絶対許さないという一線を引いておくことは大切ですが、
あるべき姿を追いかけすぎても、いけないようです。

子育ては、難しいですね!




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
返信に感謝
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お母さん方の、ありがたい返信です。



先生の話、楽しみです。

今日はどんな話かな〜って
神さんの話ですね(^_^)

私も、子供らに言うてますよ!

使った後、ほったかしで、汚いので

『神さん、いるんやから、ちゃんと使いなさい!バチ当たるで〜』って言うてます(^_^)

『今は、お母さんが、綺麗にしてるから、大丈夫やけど、大きくなったら、自分が困るんやで〜』って(笑)

私が小さい時から、親から聞かされたのもあり、自分の子供に言い聞かせてます。

子供にも、身について、大きくなって

『あっ!お母さんが言うてたなぁ〜ちゃんと、せなあかんなぁ〜』

っていう気持ちを持って欲しいなぁ〜って思って一人で口癖のように言うてます(-.-;)



毎週どんなお話しを送って下さるのか楽しみになって来ました。

貧乏神と疫病神は追い払わないといけませんが、
『福の神』は追い掛けちゃあいけませんね〜
だって、逃げられますから…

いろんな事が起こるのは、経験と成長させてもらうからなのかな?

きっと自分にとって必要な事なのでしょうね。 辛い事は、誰でも嫌だけど、乗り越えられる人間になっていくために起こった事なのでしょう。

避けたいけど避けちゃあダメですよね(((^_^;)




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第6回IPCは12/5(土)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第6回目の育心ペアレンツクラブを12月5日(土)の午前10時〜11時30分で実施します。

「私たちはいのちをいただいて生きている」

を感じていただこうと思っています。

ある絵本を、私がムービーにしました。
自信作です。

見に来てください。

あっ、そうそう。

薫里(家内です)が、今回も健康体操を指導したいと言っていますので、運動しやすい服装でおいでください。

ちょっと体操するだけで、身体もリフレッシュしますから!

お申し込みはメールでも構いません。
よろしくお願いします。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12月分受講料
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


12月分受講料は11月30日(月)に自動振込で頂戴します。
残高の確認をお願いします。

12月分受講料
小3・小4 7000円
小5・小6 11000円
中1 15000円
中2 21000円
中3 26000円+五ツ木4000円の計30000円
弟妹の方は半額です。

英検トレーニング受講者は、5000円を加算してください。

※冬期講習受講料は1月分と同時に1月4日にいただく予定です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
懇談の予約
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

11月30日より、懇談を開始します。

懇談の必要な方は、育心タイムズに記載の時間帯調整用紙をご提出下さいね。

メールや電話で、ご希望の日程をご連絡いただいても構いません。

よろしくお願いします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


このメールのご感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。


画像



学びの広場 育心
代表 大谷岳嗣
 
〒573-1195
枚方市中宮東之町11-6 福田ビル2F3F
072-898-8174

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


柚木さん <1141>

2009/11/29 14:50
画像
お世話になった柚木さんご夫妻

一人で200人の生徒を教えるスーパーマン。

先程までそのすごさを肌で感じてきた。

柚木さんは昨日、朝9時から夜11まで動きっぱなし。
お昼に私と一緒に20分くらいで弁当を食べたほかは、ずっと生徒を指導していた。

生徒もまたすごい。
試験対策に来ていた中2生は8時間続けて勉強して帰った。

またまたいっぱい学ばせてもらった。

これをいかに育心に生かしていくか?

しっかり考えて実行していこうと思います。

柚木さん、ありがとうございました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


新大阪にて <1140>

2009/11/28 10:34
画像
今日はまたまた塾の見学。
岡山の柚木先生のところにおじゃまします。

新大阪でびっくり!

9:52発の博多行のぞみに乗ろうと改札を入って見上げると23番ホームとある。
それで23番ホームへ上がるエスカレーターの下まで行って

「えっ」

9:47発東京行と書いてあるではないか??

このホームは東京方面行かと、改札のところに帰って見上げると

やっぱり9:52発の博多行は23番ホームとなっている。

訳がわからなくなって駅員に聞いてみる。

「23番ホームには両方面の列車が入ります。」

びっくりしました。

5分しか間隔のない反対方向の列車を同じホームから安全に発車させる技術を持っていることに、唖然としてしまった。

感動です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日から普段の授業 <1139>

2009/11/27 18:37
今日で期末テストが終わり、普段の授業が戻ってくる。

試験対策で、生徒達が黙々と勉強する姿もいいが、
私は、やっぱり授業が好きだ。

だから、今日は声を張り上げての授業となる。

生徒達、楽しみにしていてくださいね。
頑張るぞ〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


松田さん <1138>

2009/11/26 22:50
画像
松田さんご夫妻。

愛媛県伊予市の松田さんの塾 アインシュタインを見学させていただきました。

とっても勉強になりました。

これから夜行バスに乗って大阪に帰ります。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


夜行バス <1137>

2009/11/25 23:32
画像

今夜行バスに乗っています。

今日の試験対策は忙しかった。
質問がいっぱいあった。
てんてこ舞い。

そして今は夜行バス。

明日はある塾を見学させていただくのです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


育心読書会 <1136>

2009/11/24 16:30
森さんとの第6回目の育心読書会

今日で「小さな人生論B」を読み終わった。

その中にP170〜「上に立つ者の人間学」という項があった。


修身こそ上に立つ者の根本条件、これこそ不変の第一条件であろう。

第二条件は実力である。実力とは実行力のことだ。

第三条件は感化力である。人を巻き込んでいく力、人の意識をかき立てる力である。

第四条件は勇猛心である。

第五条件はロマンである。方向を示す力といってもいい。

そして何より大事なのは「人を思いやる力」であろう。


とあった。

私は、組織の長として、ふさわしいか?
しっかり自分を見据えていかねばなるまい。


そして、大病を超えて、また托鉢業に戻られたときの、石川洋先生の言葉に出会った。

「与えられたことはどんなに苦しい、
 意に沿わないことでもめげちゃいけない。

 焼け火箸を握りしめて離さない稽古をすること。

 それが生きることだ。」

強烈な思いに打たれた。
石川先生の決意のすごさに圧倒されてしまった。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


試験対策真っ最中 <1135>

2009/11/23 20:57
世の中は3連休。

でも、育心は期末テストの
対策
対策
対策

の3日間だ。

自習室には連日、たくさんの生徒が来て頑張っている。

今回も成果が楽しみになってくる。

あともう少し、手を抜かずに最後の仕上げを頑張れよ!!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


育心メール通信11/16 <1134>

2009/11/22 20:09
画像




○○○○様、お元気ですか!
育心の大谷です。
私のお話が○○○○様のお役にたてれば幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.私のお話
2.本をご紹介します
3.返信に感謝
4.育心タイムズ発行
5.23日の授業
6.期末対策の自習室

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私のお話
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「また貧乏神様が登場しよった。大変大変! 
疫病神様も活躍中!!」

塾で、いろいろな問題が起こることがあります。対処するのにへとへとになることも。

そういうとき、家に帰って私がよく言う言葉なのです。

そして

「おおーい!福の神!!、おまえちゃんと見とんのか? 頑張ってるやろが〜!」

家内は、「見てる見てる。ぶつぶつ偉そうに言うたら、あかんで〜」

我が家には、貧乏神も疫病神も福の神もいます。
そしていつも私たちを見守ってくれているようです。

そのおかげで、ちゃんと生きていけるようです。

いろいろなことが、起きるのですが、ちょーどいい具合に生きていけるようです。

すべて良し。

いつからか、私はそんな風に考えるようになりました。





−−−−−−−−−−−−−−−−−−
本をご紹介します
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

画像



びんぼう神様の活躍を書いた本ですが、とってもいい本です。

人間の幸せとは何かについて、気づかせてくれます。

→こちらから購入できます。

こちらのサイトは今なら、送料もかかりません。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
返信に感謝
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お母さん方の、ありがたい返信です。



先生のお話しをいつも楽しみにしている一人です。
ホントにそうですね!

空気や健康なども日頃当たり前に思ってしまいがち…
何でも失って初めて『有難さ』に気付かされます。

そう言う意味では、健康で毎日過せる事に『私の体さん!ありがとう〜』です\(^o^)/

それと、家族の存在も空気のようですが…感謝、感謝ですね。



いつも、お世話になります。いくしんメール いつも、 楽しみにしています。

いくしんメールは、いつも、私の悩んでいる事を まるで回答の様に送られてきます。 どこかで、見られて いる様に。

最近、体調不良の我が子 本当に身体が悪い? それとも、心が風邪をひいてる? 思い悩む日々でした。

最近変わった事 そういえば… 朝ご飯が あまる。 今まで足りないくらいだったのに…

今日、朝 おかずを おおめに 作りました。 そうしたら、しっかり食べていきました。

1日中 体調が 心配でしたが 家に帰ると ピカピカの 笑顔と 元気な我が子が そこに いました。

やっぱり身体って 元気って 大切ですよね。

明日も 少し早く起きて 朝のおかずづくり 頑張ります。笑顔をみたいから…


★★

毎回、たくさんの返信ありがとうございます。
全部、掲載できなくてごめんなさい。

さて、私はコンピュータで受信していますので、携帯特有の絵文字が読めないのです。

きっと楽しい絵文字が入っているのだろうなあって思うのですが残念。

\(^o^)/
o(><)o

などの顔文字はOKです。
よろしくお願いします。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−
育心タイムズ発行
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

11日(水)から育心タイムズ70号を配布しています。

冬期講習
第6回IPC
個別保護者懇談
メンバースカードの景品交換

など、お知らせしていますので、ご覧ください。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−
23日の授業
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


11月23日(月)は勤労感謝の日で、祭日です。

小5の授業はお休みです。

中2中3生は、期末テスト直前にですので、対策授業を実施しますので、ご注意ください。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−
期末対策の自習室
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

期末対策のための中学生の自習室は、下記の通りですので、うまく利用してください。

11/21(土)3:00〜6:00
11/22(日)3:00〜6:00
11/23(月)3:00〜6:00
11/25(水)7:00〜10:00
11/26(木)7:00〜10:00

対策プリントの「おかわり」も大歓迎ですので、どんどん言ってください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このメールのご感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。


画像



学びの広場 育心
代表 大谷岳嗣
 
〒573-1195
枚方市中宮東之町11-6 福田ビル2F3F
072-898-8174
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


今日も誕生日 <1133>

2009/11/21 22:40
我が家では、昨日に引き続き、今日も誕生日です。

薫里とみの里さんの誕生日。

そうなんです、誕生日が一緒なんです。
不思議ですね。

その上、薫里にみの里と 「里」つながり!

みの里さんは、うちにお嫁さんとして来てくれことになっていたのだと思ってしまいます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

みの里さん、お父さんです。

お誕生日おめでとう!

まずは、

Happy Birthday to You !
Happy Birthday to You !

Happy Birthday dear Minori !

Happy Birthday to You !



インフルエンザ
みの里さんも気をつけてくださいよ。

塾は子ども達の運んでくる菌でいっぱいです。
でも、気持ちで跳ね返しています。

みの里さんも気持ちで負けないでね!

さて、私からのプレゼントはこれです。











まだまだ見せません!











じらさないでって!
じらします!!











画像





おてんとうさまの

ひかりをいっぱい

吸ったあったかい

座ぶとんの

ような人


みつを



あなたとメールをしていると温かい気持ちになれるのです。
これからも、よろしくね!!


私の娘になってくれてありがとう!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


吉弘の誕生日 <1132>

2009/11/20 22:28
今日は次男吉弘の誕生日。
名古屋にいます。

−−−−−−−−−−−−−−

よっくん! お父さんです

お誕生日おめでとう!!

元気ですか?
仕事少し任されているそうですね。
頑張ってね!!

お正月に帰って来れたら、また飲みましょう!!

−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−

ありがとう♪

25歳なったわ。
仕事は任されてるわけちゃうけどなんとかやってるわ。

年末かえるし飲もうなぁ♪
楽しみにしてるわ。

明日はおかん祝ったって♪

−−−−−−−−−−−−−−−



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高校生のメール <1131>

2009/11/19 22:42
てんつくマンのメルマガにいい話が載っていました。
長いですが、読んでみてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さてさて、今日は素晴らしい高校生からメールが来たので紹介するわな。

改めて学ぶ心というのは宝物やな〜って思うよ〜

じゃ〜夢(仮)ちゃんのメールでがんす。

※※※※※※※
お父ちゃん〜


夢ね〜、10月の始めから半ば頃によく眠れない・朝は起きれない・日中ぼ〜っとする・お腹がちゃんと空かないって日が続いててん、

それに加えて、背中と腰が痛くて、横になっても痛くて痛くて寝れなかったの。

だからね、いっつも行ってる整体の先生のとこに行ったら

「右の背中が腫れてるわぁ」って言われて、

そいで、仰向けになって先生がお腹に手をのせて、

その手をもう一方の手でトン、トンって左から叩いていったら右だけ明らかに音がおかしくって、(左は低い音でボーンって響くのに、右は音が高くて響かない)、今度は肋骨の下に指を入れようとしたら左は入るのに、右は入らなかったの。

そしたらなぁ、先生に

「最近、よく眠れなくない?起きれなくない?ぼーっとしてだるくない?食欲がなくない?」

と聞かれ、

「ハイ」って答えたら、

「やっぱり。肝臓が腫れとるわぃ」

って言われたんよ。

夢はめっちゃドキってした。

先生がお母さんに

「あんた、この子肝臓がやばいよ、病院に連れて行きなさい。血液検査した方が良いよ」

って言ったときに、お母さんもかな〜り動揺してた。

なぜって、夢のお父さん、肝臓癌で亡くなったの。


本当にびっくりした。


眠れないのも、起きれないのも、食欲がないのも、背中が痛いのも、肝臓のせいなんだって。


肝臓は沈黙の臓器っていうくらい神経がないから、変わりに身体の色んなところに異常が出てくるらしい〜

とりあえず、肝臓のツボにせんねん灸をしてもらったら、ちょっと音も左に近付いて、指が少しだけ入ったんだ。


それで、先生に「このままいくと、本当に大変なことになるよ。


でな、病院行って血液検査したら、多分異常な数値が出て、薬を進められるかもしれんけど、薬はいかんよ。


まず、1ヶ月、すべての肉、たまご、牛乳を絶ち、糖分もさけて、玄米と温野菜と味噌汁で生活しなさい。

それから、おきゅうも。


それだけで、多分変わるわ。」

って言われたの。


それでね、次の日、病院で血液検査したら、本当に数値が高かったたの。

それで、この一ヶ月本当に先生に言われた通りに過ごしたんだ。

薬ではなく食事療法を選択した。


でね、1ヶ月過ごして、夢は親の愛に気付いたんだよ

中学1年のときに、家族のきずなエッセイってのに応募して、それが賞に入って、授賞式に行ったときある冊子をもらって、その中にこんなことが書いてあった。


『どんなに子が親を想おうと親が子を想う気持ちには到底届かない

子ができることは
自分が親になったとき
自分の子を愛することだ』

こんなようなことが書いてあった。

そのときは、『そうなんかなぁ…?』と思ったけどやっと、これがわかったんだ。

無農薬の野菜で、バランスの良いご飯を作ってくれて、食事や健康の色んな本を読んで勉強してくれて、背中が痛くて眠れない日は夜中でもマッサージしてくれて…


「いつでも起こして良いからね」

「夢のおかげで料理が楽しい」

「夢のおかげで色んなこと知れる」

って言ってくれるお母さん。

本当にすごいなぁって思った。



この前もね、夜中に起こしてマッサージしてもらってるとき、本当に申し訳なくて

「本当にごめんね…」

って言ったんだ。

そしたらね、お母さんが

「良いんだよ〜
私がお母さんにしてもらったことを夢に返してるだけよ。」

って言ったの。

「どういうこと?」

って聞いたらお母さんはこう言った。

「おばぁちゃんが昔、ひぃおばぁちゃんに言われたんだって。

『私になにかするんだったら子供にしてあげなさい』って。


だから、私も小さいとき
おばぁちゃんに『ありがとう』って言ったら『お母さんにしてもらったことを返しているだけよ。』って言われた。


だから、私もお母さんからしてもらったことを夢にしているだけ。

夢はいてくれるだけで良いよ〜

親にとって子供ってそういうもの。

生まれてくれたことがありがたい。

夢も子供に返してあげれば良いんだからね〜」

って。


夢は、そのとき、すごいなぁって思った。


だってね、
お母さんが今、私にくれる愛はひぃおばぁちゃんからの愛なんだよ。

紙に、左から間隔とりながらひぃおばぁちゃん、おばぁちゃん、お母さん、そして自分って書いた。

ひぃおばぁちゃんからおばあちゃんに矢印を1本書く。
おばぁちゃんからお母さんには矢印を2本書く。


お母さんから自分には3本。

この矢印は愛。
1本は一人分の愛。

おばぁちゃんからお母さんへの愛は、おばぁちゃんだけの愛じゃなくて、ひぃおばぁちゃんの愛も入ってる。

そしてお母さんから自分への愛は、ひぃおばぁちゃんとおばぁちゃんの愛が入ってる。

ひぃおばぁちゃんからおばぁちゃん、おばぁちゃんからお母さん、そしてお母さんから夢に。


ひぃおばぁちゃんからの愛が今、夢にきている。

多分、もっとずっと前からだよね。

ひぃおばぁちゃんも、ひぃおばぁちゃんのお母さんからもらった愛を、おばぁちゃんにあげてる。

ひぃおばぁちゃんのお母さんも、きっとお母さんからもらった愛をひぃおばぁちゃんにあげてる。


そんな風に何代も何代も流れてきた愛。


子供が親に向ける愛(矢印)は、どうやっても1本しか書けない。

だから、
『どんなに子が親を想おうと
親が子を想う気持ちには到底届かない』んよね。

親からくる愛は何十代も受け継がれてきた愛だから。

夢が知っているだけでひぃおばぁちゃん、おばぁちゃん、そしてお母さんの3代分の愛。


夢がそれを子供に与えるとひぃおばぁちゃん、おばぁちゃんお母さん、そして夢の4代分の愛になる。


もちろんお母さんにたくさん親孝行したいけど、この愛を絶やさず子供に与えていきたい。


その流れを1番大事にすれば良い。


病気になったから気付いたんだ。。


夢は、本当に幸せです。


お父ちゃん、ありがとう。
※※※※※※※
凄いでしょ〜

いやぁ病気って素晴らしいことに気付かせてくれるよね〜

ただ不安じゃなくて、こうやって学ぶ人は治ると思うねん。

病気やケガは生き方を変えなさいよ〜

自分や回りを大事にしなさいよ〜

というサインだったり、これからの人生の為に今、学ぶべきことを学ぶ為にやってきている。

その学びや気付きを受け取らずに、手術や薬でちらしても、また戻ってくる。

なぜならば今、学ぶ必要があるのだから。

その授業をさぼったら、単位が足らないから補修がまっている。

だから、自分自身と沢山会話して、痛んでくれた場所に感謝してあげることが大事なんや。

お医者さんや整体をしてる先生は治療する前に患者さんになぜこれを呼び込んだと思う?

という問いかけをしてあげてね〜

その現象だけをみないで、しっかりひきよせの法則を伝えてあげてね〜

そしたら、患者さんは小さな痛みから学ぶ人になるから大きな病気を引き寄せなくなるから。


これはお医者さんだけじゃなくみんなで覚えよう。

問いかけは愛やで〜


笑顔でいっぱい問いかけてあげてな〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


国家予算に思う <1130>

2009/11/18 23:29
国家予算の仕分け作業が連日報じられている。

1500億円ほどの予算が仕分け作業で浮いてきたとか・・・
埋蔵金1兆円あるので、これで1兆1500億は、別の予算に回せるとか・・・


先頭に立っている民主党の議員さん、よくやっていると思います。
大変な作業だと思います。

今まで、当然のように降りてきた予算を引っぱがそうというのだから。
すごい抵抗に打ち勝ちながら、やっている作業。


だが、私は思う。

もっと大なたは振れないのか?

全予算一律10%カット!
これで8兆円浮く

5%カットでも4兆円浮くのだ。

一般企業なら、それで何とかやれって上から言われたら、
たぶんやるだろう。

そうでもしないと、80兆円の予算の内半分の40兆円が国債発行に頼らざるを得ない日本の国家予算の健全化は図れないのではと思うのだ。

まったく素人の発想で、おしかりを受けそうだが、
そんな素人の発想が、必要ではないのかと思うのだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

今を懸命に生きるオーちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]